鷹の羽通信

ヒザ関節痛や脊柱管狭窄痛などの本格的な痛みが長く続きどこへ行っても痛みが取れなくホトホトお困りの方へ!

その痛みを《ちゃんと》解消させるには、筋肉の持久力を回復させねばなりません!!
春日TT-AH施術手法は、その専門手法です!
それだからこそ、ペインオフィスカスガに一定期間ご通院された方は、皆さんが、ちゃんと痛みを解消されています!!

証明された確かな手法

春日TT-AH施術手法は、筋肉の代謝力を急速に高め、筋持久力を早期に回復させることを日本医学会で正式に証明発表した、我が国で唯ひとつの手法で、33年もの長きに渡り、各地でひたすら痛みを解消し続けてきました。
それこそ「関節障害」や「筋肉に発する痛み」は片っ端から解消してきました。

積み上げた豊富な実績

33年間、癌性の痛み以外は、ほとんど解消してきました。
今まで「どこへ行っても良くならなかった」方は是非、春日TT-AH施術手法を一定期間受けてください。

施術期間について

春日TT-AH施術手法は、大方の痛みを一定期間でキッチリ解消しています。痛みの度合いや関節障害の程度により、3ヶ月、半年、1年と様々ではありますが、痛みの大半は、その期間で解消しており、また途中の経過も施術開始から修了まで、かなりのスピードで痛みの段階的な緩和がなされていきます。施術中変わらぬ痛みが「延々と長く続く」ものではありません。

費用について

従って、ペインオフィスカスガでの施術費用は、通院期間と施術効果を、その間にかかる総費用で比較すれば、結果的には「最も安い施術費用」だと思います。
ペインオフィスカスガは、春日スポーツ医学研究所から始まり、今年で手法完成から33年となり、施術所開院では満30年になります。
春日TT-AH施術手法が痛みを一定期間内で、ことごとく解消し続けたからこそ、保険外自費施術でも、この年数を重ねられたと自負しています。
どうか「ご希望とご期待」をお持ちの上で、是非ペインオフィスカスガへご来院ください。

ヒザ関節変形と痛み解消について 春日TT-AH施術手法ではヒザ痛解消 はもちろんのこと関節変形の改善解消も至極当たり前のことなのです!! 〜文中より〜

ヒザ関節変形やそのために生じているヒザ痛は筋肉の代謝力の低下が原因で起きています。

人の筋肉は一定期間使うと、筋肉の中核組織である筋腺維を新しいものと順次に交換していきます。このことを筋代謝と呼びます。そして、この代謝に重要な役割を果たしている物質がリンです。

他方、骨も筋肉同様に、古くなると骨組織の中核にある骨腺維を新しいものと順次に交換していきます。このことを骨代謝と呼びます。この代謝に必要な物質は筋肉と同様にリンです。

通常、筋代謝と骨代謝はうまくバランスが取れていますが、加齢や何らかの原因で筋代謝率が骨代謝率より低下すると、リンは必要以上に骨へ集まった状態になります。人骨の成分はリン酸カルシウムですが、このリンが多く骨に集まりすぎると必ず関節変形が起きます。 こうなると、関節を構成する骨が膨らみ、関節周囲筋の円滑な動きが阻害され、痛みを発します。

ヒザ痛はこのような原因で生じている筋肉からの痛みなのです。ヒザ関節が変形している方は、ご自分のヒザ関節が通常より大きくなっていることにお気付きだと思いますが、これはリンが集まりすぎ骨量が必要以上に増えている状態です。

こうなると、ヒザ関節のすき間が小さくなるため軟骨の減少が進み、関節の固定作用(ロッキング)が強くなります。これが、さらに筋肉の動きを妨げ、一段とヒザ痛が強くなります。

このようにヒザ痛原因の要は「筋肉の代謝が悪化」したことであり、また関節変形原因の要も同じく「筋肉の代謝が悪化」したことです。したがって、「筋肉の代謝が改善」すれば痛みも変形もなくなります。

春日TT-AH施術手法は筋肉の代謝を施術で改善しうる「日本で唯ひとつの手法」です。痛み解消はもちろんのこと、関節変形さえもが改善解消するのは至極当たり前のことなのです。

ヒザ痛や関節変形でお困りの方は是非、ペインオフィスカスガ各院へおいでください。

脊柱管狭窄の原因と痛み解消について 春日TT-AH施術手法での脊柱管狭窄性の痛み解消は至極当然のことです!! 〜文中より〜

脊柱管狭窄の一般的な状態は管が細くなっているのではなく、管の通りが細くなっています。この原因は脊柱管にかかる外圧が大きくなったために、脊柱管内部の繊維輪が増量したことによります。

人の脊柱や脊柱管は脊柱起立筋と呼ばれる筋肉群で支えられています。この筋肉群は胸最長筋などに代表される直筋系浅層筋群と多裂筋などに代表される深層斜筋系筋群などで多数の筋肉群で構成されています。

人は様々な動作をしますが、何らかの原因で第5腰椎辺りの筋肉へテコ原理で強く押し込む力が加わると脊柱管に外から内側へ圧迫力が継続的にかかります。この力により脊柱管内部の繊維輪が増量していき、その結果、下肢へ通じる神経の通りが圧迫され、痛みを発しています。

これが脊柱管狭窄性の痛みで、その原因の大元は、脊柱起立筋群が代謝力を低下させてることです。したがって、代謝力改善による筋持久力の向上で、この第5腰椎部にかかっている筋肉の圧迫を取り除けば脊柱管狭窄性の痛みは、容易く解消します。

春日TT-AH施術手法は脊柱起立筋を含め、大方の筋肉代謝力を回復させうる「日本で唯ひとつの手法」です。
そして、この筋肉の代謝力回復は、筋持久力を急速に向上させます。

春日TT-AH施術手法で筋肉の持久力を回復させ、脊柱管への圧迫を解消させれば、痛みは容易く解消します。
それゆえ、春日TT-AH施術手法が脊柱管狭窄性の痛みを解消させるのは至極当然のことです!

この痛みでお困りの方は是非、春日TT-AH施術手法の施術をお受けください。

春日TT-AH施術手法は、「ヒザ痛」と「脊柱管狭窄痛」だけを解消するものではありません。

腰椎椎間板ヘルニア痛坐骨神経痛は勿論の事、変形性の股関節痛、あるいは五十肩痛など、様々な痛みをそれこそ、小気味よく解消しています。
今回は紙面の都合で、「ヒザ痛」と「脊柱管狭窄痛」の2例を掲載いたしました。
他の痛みでお悩みやお困りの方も是非、春日TT-AH施術手法を受けてください。

ペインオフィスカスガ各院は、施術で筋肉の諸機能を早期回復させる専門の施術院です!! 痛みでお困りの方へ! その痛み解消はぜひカスガにお任せください!! 『春日TT-AH施術手法』は、手技法分野では日本で初めて、その効果が学術上で正式に証明されている手法です! 他手法での学術証明実績は、今のところ見当たりません。(平成28年8月31日現在) 『春日TT-AH施術手法』は、学術根拠の必須の条件を満たした上で、平成5年7月10日 日本内科学会近畿会において「春日スポーツ医学研究所  春日啓 の手技法」として正式に発表証明しています

身体に生じる様々な 慢性痛の解消 には筋肉の代謝力改善 が必要不可欠です。本院はその専門施術院です。

施術には、学術上の根拠が必要です

学術上の根拠を表すには3つの要件を叶えねばなりません。

  • 第1要件は、効果測定の実験が学術証明の実験規準に則して行われている事。
  • 第2要件は、その実験が国立の研究施設や国立の医療施設、もしくはそれに準じる施設で行われている事。
  • 第3要件は、その実験成果を日本医学会傘下の正式医学会で発表証明されている事。

これらの3要件を叶えているのは、本手法の研究開発者である春日啓の主宰するペインオフィスカスガ各院をはじめとした春日スポーツ医学研究所春日療法会傘下の施術所だけで、その施術名称は神経・筋整合法の正しい施術法である『春日TT-AH施術手法』と『春日TT施術手法』だけです。

健康保険の使用について

急性の痛みと異なり、慢性痛の改善・解消を目的とした運動代謝系の徒手施術は、それ自体には現在のところ健康保険の適用が認められていません。
従って、ペインオフィスカスガ各院をはじめとした春日スポーツ医学研究所春日療法会会員の各施術所では、その区別を明確につけています。

学術根拠を表せない施術を有料で行うことは消費者保護上、許されません!!

春日 総代表 二階 総院長

痛みの改善解消を目的として行う有償実費施術は、その施術法が学術根拠を有していなければ違法行為の疑いがありますので、ご注意してください。
医業類似行為として有料での施術を行う場合は、その施術効果が学術根拠を正式かつ厳格に有していなければなりません。「長年の経験」や「先祖伝来」の何々療法に出会った場合は、必ず学術上の根拠を確認してください。

 学術上の効果測定は大変厳格に行われ、その有効判定は10万回の再現実験に見合う統計処理でわずか5回までのイレギュラーしか認められません。

施術費用について

春日TT-AH施術手法は手技数の多い神経筋伸展手技法(フル手技数)と手技数の少ない神経筋協調手技法(ハーフ手技数)の二手法があり、手技数の多い神経筋伸展手技法は各院とも満員のため、平成28年6月1日より新規受付を一時停止し、神経筋協調手技法のみ、新規受付を行っていましたが、各院とも予約に余裕が出て来ましたので10月1日から、神経筋伸展手技法の受付を再開致します。

施術料金は神経筋協調手技法…保険外 2,408円~3,800円(税別)
神経筋伸展手技法…保険外 4,730円~7,500円(税別) です。
尚、上記施術費とは別に初検料として、初回のみ別途4,000円(税別)が必要です。

また、交通費が往復1,000円を越える地域からのご来院は、神経筋伸展手技法の継続通院に限り施術費用の一定額を割り引きしています。
※施術料金は10月1日よりの改定料金を表示しています。

 

療術専門「鷹の羽通信」 発行者 春日スポーツ医学研究所 春日啓